肌がベタつく夏の洗顔方法

夏もサラッとした肌でいたい!

夏は汗や皮脂による肌のベタつきが気になりやすく、紫外線によるダメージを受けることも多い季節ですよね。吹き出物に悩まされている人や、気付かないうちに肌が乾燥するという人もいます。そんな夏の肌の悩みを改善し美肌になるためには、洗顔はどのようにするのがベストなのでしょうか。今回は夏の洗顔の仕方についてまとめました。肌がベタつきやすい夏は、こまめに顔を洗いたくなりがちですが洗顔をし過ぎると、皮脂膜を流してしまい、乾燥を招くことになります。洗う回数を増やしたい時は、洗顔石鹸を使用しない素洗いを混ぜることで、洗い過ぎを防ぐようにしましょう。肌表面に皮脂や汗とメイクが混じった不衛生な状態が続くと、毛穴に汚れが詰まり、吹き出物の要因になります。また、皮脂は酸化すると過酸化脂質となり、肌の老化を招きます。運動した後や帰宅後は、すぐに洗顔をするように心がけましょう。夏の朝の洗顔では、洗顔石鹸で洗う場所は、皮脂の分泌が多くベタつきがちな「おでこ」と「鼻」、「あご」のTゾーンだけにしておきましょう。頬や目元、口元など乾燥しやすい他の場所は、洗い流す程度にします。場所によって洗い方に差をつけることで、皮脂が洗顔によって必要以上に奪われてしまうのを防ぎます。夜の洗顔は、薄化粧の場合は洗顔石鹸での洗顔で落ちますが、油分の多いファンデーションなどを使用している場合には、オイルクレンジング等で落とすようにしましょう。